So-net無料ブログ作成

ホシノ酵母のランチスコーン2種 < 太田幸子の巻 vol.2 > [RECIPE FOR JAPAN]

bnr280.gif


さ~て、 RECIPE FOR JAPANのバトンリレーの2回目が回ってきました。
毎回、美味しいレシピがアップされ、
私もぼ~っとしてられないと・・・・・
2つめのレシピ考えましたよ。

うちのお教室のレッスンで大好評だったホシノ酵母のスコーンを
今回はお食事向けにアレンジしてみました。

小腹が空いた時に・・・・
多めに焼いて作り置きして冷凍すれば、非常食に・・・・・・
甘くないお食事スコーンは
便利だと思います。

ホシノ酵母はホームベーカリーで起こせるので、
最近はホシノ酵母ユーザーが増えましたよね。
今回のスコーンは発酵がとっても簡単。
ホシノ酵母初心者さんでも大丈夫!

ぜひ、作ってみてくださいね。

Lunch-Scone.jpg



 < 材料 > 各8個分

               【ベーコン&チーズ】                    【カレー&ナッツ】

   薄力粉           200g              薄力粉           160g
                                    全粒薄力粉         40g
                                    カレー粉           10g
   塩(自然塩)          2g              塩(自然塩)         2g
   無塩バター(1cm角)    60g             無塩バター(1cm角)   60g
   生種              16g             生種             16g
   牛乳              50g             牛乳             55g
   卵                10g             卵              10g
   ベーコン            20g            フライドオニオン        20g
   エダムチーズ(粉末)     35g            カシューナッツ(生)     20g
   あらびき黒胡椒        少々

 粉はあれば、国産のものを。
 今回もパンケーキと同じもの、北海道産のドルチェを使用しています。
 ホシノ酵母には国産小麦がよく合いますよ。
 具材はなんでもOK。
 中途半端に残っていて、合いそうなものをチョイスしてくださいね。
 

 < 下準備 >

     【ベーコン&チーズ】
      ベーコンは5~7mm角にカットしておく。
      ビニール袋に薄力粉、塩、1cm角にカットした無塩バターを入れて、
      冷蔵庫で冷やしておく。

     【カレー&ナッツ】
      カシューナッツはあらかじめオーブンで150℃で10分程焼いておく。
      ビニール袋に薄力粉、全粒薄力粉、カレー粉、塩、
      1cm角にカットした無塩バターを入れて、
      冷蔵庫で冷やしておく。

 < 生地作り >
     ★ フードプロセッサー使用。

      1. 計量カップに生種、卵、牛乳を合わせて、撹拌する。
      2. フードプロセッサーの中に下準備をしておいたビニール袋の材料を入れ、
         蓋をして、40秒回す。
      3. 2の中へ1の液体を一気に入れて、蓋をしてフラッシュ。(数回小刻みに回す)
         フードプロセッサーの中の材料が小豆大の粒の大きさになるまでフラッシュする。
      4. それぞれ下記の具材を入れて、軽くフラッシュして混ぜる。
          * ベーコン、エダムチーズ、あらびき胡椒
          * フライドオニオン、カシューナッツ
      5. フードプロセッサーから材料をビニール袋の中に入れ、手でひと固まりにしたら、
         一旦、袋から出し、 横14cmx縦7cmx厚み3cmの形にめん棒で整える。
      6. 形を整えたら、再びビニール袋に入れる。


 < 冷蔵発酵 >
     冷蔵庫(5℃)の中で3日程寝かせる。


 < 分割 >
     ★ 分割する前にオーブンに予熱をいれておくこと。
       分割したら、直ぐに焼成します。

      冷蔵庫から生地を出して、8個にナイフでカットする。

 < 焼成 >

Scone焼成前.jpg


      生地をカットしたら、オーブンシートを敷いた天板の上に並べて焼く。

      220~230℃で予熱を入れる。
      焼成は200℃ 22分。

      焼成の温度はオーブンによって調整をしてください。


  発酵はホントに簡単。
  冷蔵庫に入れておくだけです!
  冷蔵庫の中でゆっくりと発酵し、生地が熟成されます。
  酵母で発酵させたスコーンはサクサク食感としっとり食感の両方を楽しめます。

  次のバトンの受け手は・・・・
   お屋敷畑主宰のYumikoさん                                                       
Yumikoさん、よろしくお願いしま~す!
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 2

ami

冷蔵庫で三日寝かせる事にビックリしました。(^o^)
by ami (2011-05-29 09:04) 

Baguette

amiさん、そうなんです。
冷蔵庫の中でゆっくりと発酵させると美味しくなるんです。
時間はかかりますが、冷蔵庫にいれておくだけなので、
発酵の見極めなどがなくて、とても楽チン♪
by Baguette (2011-05-29 12:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。