So-net無料ブログ作成

ガレット デ ロワ@エーグルドゥース・目白 [甘いもの]

毎月お世話になっているお料理先生、おばま由紀先生。
年末のクリスマスメニューには仕事が立て込み、
参加できなかったのです。(涙)

今月は2ケ月ぶりに参加しました。
同じクラスの皆さんは美食家が多く、
しかも趣味とはいえ、ケーキのお教室の先生級の腕の持ち主がズラリ。
いつも、いろいろと勉強になります。

その中でガレット デ ロワ研究家と言うべく、
毎年いろいろなお店のガレット デ ロワを食していらっしゃる方から
貴重なガレット デ ロワをご馳走になりました。

ガレットデロワ①.jpg


エーグルドゥースのアールグレイ風味のガレット デ ロワです(今年バージョンだそうです)。
アールグレイ風味のクレーム ダ マンドの上に
ポム(林檎)のコンポートがのっています。

ガレットデロワ②.jpg


予約をして、朝の焼き立てをデリバリーしていただいたので、
サクサク~のパイは最高です。[黒ハート]
林檎の味が結構強いので、
アップルパイ?と思ってしまうかも。
とっても美味しくいただきました。

そして、珍しいお菓子をもうひとつ。
自由が丘のパリセヴェイユのもの。
SDC限定のケーキだそうです。

「 パン オ ショコラ フリュイ 」と伺いましたが、
折り込み生地のパン オ ショコラではなく、
『 ガトー デ ロワ 』といったところでしょうか?

パン デ ロワというのは、
南仏ではブリオッシュ生地でのものがありますが、
それとは違ってました。

パン オ デロワ.jpg


生地はシュトーレンのような感じで、
日持ちが10日するそうです。
食べた感じはまさにチョコレートバージョンのシュトーレンのよう。
ドライフルーツが生地に入っています。
トッピングのデコレーションが
パン デ ロワのよう。

私はドレンチェリーやアンゼリカが苦手ですが、(昔のクリスマスケーキのデコレーションの定番!!)
聞くところによると、
美味しいドレンチェリーやアンゼリカがフランスにはあるようです。
わざわざ美味しいのを空輸するとこともあるとか・・・・・

年末はシュトーレン、
年明けはガレット デ ロワが
最近は流行りになりつつ・・・・・
日本人好みに変貌しているような気がします。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。