So-net無料ブログ作成

旬のブリオッシュ [パン屋さん]

先日のレッスンにお越しいただいた小濱先生(私が通う料理教室の先生)が「おいしい!」とおっしゃていたパンを買いに赤坂サカスへ。
そう、以前行ったことがある「ドミニク・サブロン」です。

現在では行列に並ぶこともなく、すんなりと店内へ。
お目当てのパンが売り切れしてしまうと困るので、パンが一番並ぶお昼時に訪れました。

新しいパンが並んでいます。
やはり、ここのお店ではハード系がとても気になりますが、今日は小濱先生推薦のパンを買いました。

014.JPG



正式名はもっと長い名前でした。確か・・・ブリオッシュ・タルティーヌとなっていました。
左が「ブリオッシュ・タルティーヌ ポティロン」
右が「ブリオッシュ・タルティーヌ ドートンヌ」

小濱先生がお勧めなのが、右のドートンヌです。
ドートンヌとはフランス語で「秋」という意味で、まさに秋の味覚がトッピングされています。
葡萄とさつまいも。
どちらもほんのりと甘く煮てあるようです。
下のパンはブリオッシュ生地。
パン生地の上に直に葡萄とさつまいもがのっています。
パン生地はトッピングがあるからか、ブリオッシュ特有のパサつきは感じられません。
むしろ、ふんわりとしています。
葡萄の甘酸っぱさとさつまいもの甘みがとてもまろやかに口の中に溶け込む感じ。

左のポティロンはフランス語で「かぼちゃ」
ハロウィンですので、かぼちゃのパンは当然かと・・・・・
結構甘く煮たかぼちゃです。胡桃がかぼちゃの甘みを押さえてくれるような・・・・・
こちらは甘~いパンですね。

私もドートンヌのほうが好きです。
パン生地はブリオッシュ生地ですので、配合はだいたいわかりますが、
トッピングがポイントですよね。
葡萄はもうすぐ終わってしまいますので・・・・・・

何か絶妙な組み合わせがあれば、いいのですが。

小濱先生はこのパンから今月のデザートの葡萄のタルトを思いついたそうで・・・・
レッスンで使った葡萄はフレッシュで食べてもおいしいピオーネでした。(贅沢)

017.JPG
       
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。