So-net無料ブログ作成

本場のバウムクーヘン [甘いもの]

9月に新宿伊勢丹本店にオープンしたというバウムクーヘン屋さんへ行ってきました。
お店の名前は舌を噛んでしまいそうです~。

「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべ」という北ドイツのハノーファーの老舗のカフェだそう。

国立ドイツ菓子協会の手引書にはバウムクーヘンの定義があり、
「バター以外の油脂は使わないこと」 「ベーキングパウダーは使用しないこと」などの
厳しい基準を満たした物だけが
「バウムクーヘン」と認められているそうです。

そのドイツの本格レシピに基づいた無添加のバウムクーヘンなんだそうです~。

008.JPG


さて、難しい話は抜きにして・・・・・
巷で噂になっているバウムクーヘンを食してみました。

010.JPG


外見はほぼ普通のバウムクーヘンです。

無添加とあってバニラの香りは強く感じません。
バターと粉の風味。
ベーキングパウダーが入っていないので、
キュッと引き締まった生地です。
周りにはグラズーワ(砂糖衣)がついていますが、
あっさりしています。

会社勤めをしていたころ、
ドイツの駐在員の方のお土産がバウムクーヘンでした。
思わず、あの時の味を思い出しました。
街中で買ってきてくださったごく普通のバウムクーヘンでしたが、
とってもシンプルでアトを引く美味しさ。
次の東京出張の際も同じものをリクエストしたくらいです。

やがて、私自身が仕事で訪れたハンブルグでは迷わず(ビールではなく?)、バウムクーヘンを買ったほどです。

なんとも、これはシンプルながら、アトをひく美味しさのバウムクーヘンです。
nice!(6)  コメント(12) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。